たけろぐ

大学生ブロガー竹内の備忘録、雑記帳としてのブログ

ある映画を見て、無性にきれいな島でたそがれたくなった僕の話

f:id:taketakeoda:20171101235306j:image

ある日、面白そうな映画を見つけた。超面白かった。

僕は映画鑑賞が趣味だったころ、ある映画を借りました。

それは全く知らない映画。

しかもおすすめのコーナーにあったわけでもなく、普通にあいうえお順で並んでた映画。

僕は有名なもの以外借りたことがなかったんですが、この映画には惹かれちゃいました。

僕がこの映画に心惹かれてしまった理由というのは、こちらを見てもらえるとわかるはず。

f:id:taketakeoda:20170209165514j:plain

このパッケージのなんともいえないインパクト超シンプルなタイトル

どーにも面白そうな匂いがしたので、そりゃ見てみたくなるでしょ。(笑)

ちなみに監督はかもめ食堂で有名な荻上直子さんで、キャストもほぼ引き継がれてますね。

そこからも、これはあたりだなって感じました。 

 

 

「めがね」を見てみたら...

f:id:taketakeoda:20170209173859j:image

あらすじを簡単に言うと、

人生に行き詰った女性が一人旅である島の民宿に泊まった、っていう話です。

一応コメディ映画で、それもなかなかシュールな笑いでしたね。

何度もクスリとさせられました。

そして、この作品の特徴として、まずキャストがみんなメガネなんですが、調べてみると、実はタイトル決定後に登場人物には全員メガネをかけさせることにしたらしいです。

だから物語と一切関係ない笑

次に、出てくる海がとにかくきれい!

ストーリーも映像もきれいで、見ていて爽やかないい映画でした。

僕はこの頃映画鑑賞が趣味"だった"と言いましたが、僕は「これ以上、自分に合った映画は無いな」と感じ、映画鑑賞をやめました。

それほどの作品なんです。

 

映画を見た僕は孤島に行ってたそがれたくなった。

この映画を見て、僕はとにかく孤島に行ってみたくなりました。

なんで?って思うかもしれませんが、それはまたのお楽しみです!本当に見て!

とにかく、海を見て、たそがれて、ウクレレ弾くとか、想像したらもう最高だなーって。

作品のテーマも一人旅なんですよね。

とりあえず、この映画の舞台に行きたくなっちゃって、調べてみるとロケ地は鹿児島県の与論島という島でした。

f:id:taketakeoda:20170209182837j:image

おおー!やっぱり綺麗!

何にもない島かと思ってたけど思ったよりリゾート感はあったことはちょっとだけがっかりしたかも。

でもこんなとこ絶対気持ちいいだろうな〜!

 

与論島への行き方を調べてみた

f:id:taketakeoda:20170209183306j:image

まあ本当に行くかどうかは別としてどうやって行くのか調べてみました。

  • 沖縄からフェリーで4時間4000円
  • 沖縄から飛行機で40分10000円
  • 鹿児島からフェリーで20時間10000円
  • 鹿児島から飛行機で1時間20分25000円

沖縄の近くらしいですね。あったかそうだ〜

最低でも3万円と3日くらい余裕あればいけるのかな?

なるほどなるほど...行けない距離じゃないし、与論島、いいかもしれない。

これまで島に行ってみるなんて考えたことがなかったので、すごくいいを発見したような気分になりました。

 

大学生一匹、孤島でバックパッカーすることに決めました!

f:id:taketakeoda:20170209183559j:image

いつ行くとか、与論島かどうかもわかりませんが、孤島の魅力にとりつかれちゃったんで絶対に行きたい!

できれば1週間くらいテントと寝袋と楽器持って自由気ままにうろうろしたいですね。

綺麗な島で一人旅ってかなり夢あるなぁ...

映画であったような一期一会の出会いにも期待したい!

 

そして....

 

 

実際に行ってきました!

式根島ですが孤島の魅力堪能しました!

 

映画「めがね」は一人旅と孤島の持つ魅力を教えてくれる傑作でした。

みなさんもぜひ見てみてください!!