たけろぐ

大学生ブロガー竹内の備忘録、雑記帳としてのブログ

大学生が寮に住むって実際どう?3年間住んできた僕の実体験

f:id:taketakeoda:20171019234416j:image

3年間、大学生寮に住んできました。

大学生寮って、良いところと悪いところがあって、めちゃくちゃ楽しくもあり、反面、ぶち壊したくなるくらい腹立つ時もあるんです。

マンション以外の選択肢を考えている大学生や親御さんの参考になるように、この3年間僕が寮で体験してきたこと、そして寮の選び方について書いていきます。

大学生寮とは別の話ですが、こちらの小説はおすすめ。

目次

 

寮で生活する6つのメリット

毎月の住居費が安い

基本的に普通のマンションより安い。特に食費も寮費に含まれている場合は、食材を大量に注文できるため、安く仕入れられ、一食を超格安で提供してくれたりする。

 

アクセスの良さ

大学の近くや内部にあったりすると「朝起きられなくて1限目切っちゃったよ〜」なんて言うと、他の学生から白い目で見られるくらいに朝が楽。あと古くからある学生寮なんかだとかなりいい立地にあったりして、高級住宅街や住みたい街にも格安で住める。

 

料理を出してくれることの有難さ

朝晩の2食を提供してくれるところが多い。朝時間がない学生が多く、一人暮らしは朝食を取らないことが多いが、寮の学生はしっかり食べられる。健康維持と時短の面で、これ以上有難いことはない。

 

近所のお店など情報を共有し合える

おすすめの美容院や病院などを教えてもらえる。そういった地域情報がすぐ得られるので便利。

 

一人暮らしの寂しさを感じない

いつでも友達の部屋に遊びに行けるし、毎日一緒に飯を食って風呂も入れて、病気になったら助けてくれる。いろんな大学の大学生が混在していれば他大学の学生とも絡める。他校の子と合コンができるかも、?!

 

寮には逸話が存在する

僕の寮は昔「裸祭り」と言って、近所の商店街をふんどし一丁で歩き回るイベントがあったらしいです。そんな風に、寮にはそれぞれ妙ちくりんな文化があったりイベントがあったりして面白い。「伝統」の中に住む素晴らしさがある。

 

寮で生活する4つのデメリット

他の寮生にアホがいると全員が苦労する

挨拶しないとか共有スペース汚すくらいならかわいいもんですが、寮の決まりもマナーも守らない共同生活不適合が稀にいました。そういう頭の悪いのと一緒に暮らしてると思いもよらぬところで被害にあったりすることもあるので、寮生の学歴なども確認しておきたい。

 

料理人が下手くそだと食事がつらい

寮で出る料理はまずいっていう共通認識はあると思います。どこでもそうではありませんが、料理人が定期的に代わるようなところでは当たり外れがあるので、外れるとつらいです。

 

寮の集まりや仕事に時間を取られる

共有スペースの掃除当番だったり、自治寮なら運営協議会だったりと、イベント事はどの寮にも必ずあり、時間が取られる。

 

コミュ障にはつらい場所

文句があっても言えない人、初対面の人と積極的に絡めない人にとってはただつらい場所かも。特に挨拶できない人は嫌われがち。

 

寮を選ぶ3つの方法

食事付き学生寮はコスパがいい

まず、時間を取られる、めんどくさい、金がかかるの三大要素が詰まった「食事」が、一人暮らしで最もネックになる部分です。なので食事付き学生寮のコスパはすごくいいと思います。

 

卒寮生や在寮生の学歴をチェック!

いいところの学生が多いほど素行もいいし、そういう子達と絡むことは自分のためにもなります。なので、寮の詳細を調べるとすれば、寮生の学歴を真っ先に見て欲しいです。

 

寮自体にも様々な種類がある

地方出身者用の寮、留学生と生活する寮など、いろんな寮があるので通う大学の寮以外にも目を向けてみてもいいでしょう。昔ながらの寮からおしゃれな寮までいろいろあります!ただし注意なのが通学に1時間以上かかるような遠距離の寮は除外して考えましょう。僕の寮にもそういう子はいましたが、すぐ寮を出て、今は大学の近くに住んでいます。

 

自分にとって一番いい選択をしよう

大学生になったら一人暮らしをして自炊したり部屋に人を連れ込んだりすることに憧れるかもしれませんが、実際に一人暮らしをしてみれば自炊が煩わしくなるし、だいたいいつもは1人きり...寂しいもんです。

どうせなら大学生寮の楽しさっていうのを味わってみるのが、コスパもいいし、大学生生活が楽しいものになるのではないでしょうか!絶対、おすすめです!

こちらのサイトに全国の大学生寮が載っているので参考にしてください。