たけろぐ

大学生ブロガー竹内の備忘録、雑記帳としてのブログ

一大決心をしたから聞いてくれ!俺はやると言ったらやる

f:id:taketakeoda:20170818230819j:image

こんにちは

たけろぐの竹内です。

僕は高知から上京して3年間、日本横断やニューヨークで野宿など、本当にいろんなことに挑戦してきました。

自分でもかなりやりきった感と経験値を得た感覚はあります。

やりたいことを躊躇せずガンガンやっていくことで、そのたびに力をつけてきたわけです。

そして大学生3年生の夏となった今、僕はある決心をしました。

 

 

それは...

 

 

1ヶ月で東南アジアをママチャリで横断する!

 

8/30から9/27までの間にタイ→カンボジア→ベトナムの1000kmの道のりを1ヶ月かけて横断するバックパッカーの旅!

電車、バスには頼らずママチャリのみで1000kmの過酷な道のりを越えてきます!

 

俺はやるぞーー!!!

 

でもなんでそんなバカなことをするの?と思ったことでしょう。

その理由や意気込みについて書いていきます!

 

貧乏学生は東南アジアに行くことにした

f:id:taketakeoda:20170818231619j:image

僕がまず東南アジアに行こうと思ったのは航空券が安かったのと、物価の低いイメージがあったから。

金はないけど今年もバックパッカーをしたい!と思って格安航空券を探したところ、韓国、中国、香港の次にタイが安くなってました。

タイとかだとひと月一万円くらいで暮らせるよーとか、そういう安さのイメージも強かったので、この時点でもうタイしかないか、という感覚でした。

別に行きたい国だったとかではなく本当に安さだけでタイに決定。

本当はヨーロッパ一周!とかしたかったんですけどとにかく金がなく断念しました。
まあ、逆に興味がない国なら行ってみないと分からないことも多いはずですよね。

 

ママチャリで横断する決心をした理由

f:id:taketakeoda:20170818231755j:image

街行くおばちゃん達を見て「これだ!!」って思った。

は冗談で、笑

自転車で日本横断したり帰省したりしてた記事を読んだ人に「たけろぐ知ってるよ、自転車でどこまでも行く人でしょ?」と言われるようになりました。
そんな僕ですが、別に自転車が好きだからというわけではありません。

本当は、電車やバスで旅するんじゃなくて、自力で行きたいところへ行きたいって思いがすごくあるからです。

あと、普通に観光の旅とかバックパッカーとかじゃなくて、自分にしかない実績と経験を持ってそれを周りに自慢したいっていうのもあります。

ちなみに今回ママチャリという発想になったのは、「アメリカ二周よりさらにすごいのはなんだろ」って考えた結果、たどり着いたのが「ママチャリで三ヶ国制覇」だったから。 

 

東南アジア横断ママチャリ旅のざっくりスケジュール

f:id:taketakeoda:20170818231326j:image

飛行機は行きが8/30タイのバンコク、帰りが9/27ベトナムのホーチミンから出るので、その間にタイ→カンボジア→ベトナムを通ります。

タイに到着したらまずは中古自転車屋さんでなるべく頑丈そうなママチャリを探し、非常用食料を1日分買い込んでスタート。

食事はなるべくお店でし、何もない時だけ非常食に手をつけながら進みます。

寝床もあればホテルやゲストハウスで泊まりますがなければテントで野宿です。

タイからカンボジア国境の町ポイペトを目指しますが、ポイペトの直前にあるアランヤプラテートという町までは鉄道があるで、道が厳しそうなら鉄道で移動ということも最悪できます。

その鉄道ならママチャリも乗せさせてくれるようなので安心できますが、カンボジア入ってからは自転車以外頼れるものはなくなるのでここからが本番。

カンボジアではシェムリアップでアンコールワットを見て、プノンペンを通り、国道一号線でベトナム国境の町バベットに入ります。

バンコクからホーチミンまで約1000kmを28日間で通過するので1日40kmは進む計算。

午前中の涼しい時間帯に4時間こぐのがノルマです。

 

今回の旅で僕が最も恐れていること

f:id:taketakeoda:20170818232234j:image

東南アジアのしかも雨季真っ最中なのでもちろんスコールはめんどくさいところですが、まあ濡れたりするくらいなら大丈夫でしょう。

病気の蔓延とかも怖いですが、まわりの友達とか、東南アジア行く人結構いますけど病気になって帰ってきたやつもいなかったので、動物とか虫とかに気を遣えば大丈夫でしょう。

犯罪に巻き込まれるのも怖いですがそんなこと海外バックパッカーみんなの憂いなので用心はしていきますが、僕が一番恐れるのはそこではありません。

僕は最も恐れているのは

ゲイ

それも、

とびきり美人なゲイ

東南アジアにはそういう方がたくさんいるらしく、誰に聞いても「ゲイには気をつけろ」「馴れ馴れしいのはゲイと思え」とか言われます。

しかも向こうのゲイは見た目どう見ても女なゲイが多いらしいので見分けもつきにくいみたいです。

今回危険な旅ではありますが、とにもかくにも、そっちにはまってゲイになって帰ってくることだけは避けたい。

僕の旅のテーマはいつだって「自分探し」ですが、そんな自分は見つけたくないです...

でも、ゲイになっても、仲良くしてください...

 

最後に

f:id:taketakeoda:20170818232757j:image

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

できれば東南アジアのここに気をつけて!とか、ここには行ったほうがいいよ!とかあればぜひ教えてください。

実のところかなりビビっていて、本当は旅の期間を2週間に縮めてしまおうか悩んでました。

なので応援してほしいです。かなり切実です。誰かの後押しが必要です。さびしんぼなんです。

でも宣言します!やると言ったら僕はやります!

旅の最中、様子など記事にしたりツイッターにあげたりするつもりなので、今後もたけろぐをよろしくお願いします!