読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけろぐ

まだまだタケノコな駆け出し大学生ブロガー竹内くんがどんどん挑戦してぐんぐん成長していくブログ

南海電鉄車掌の行動は正しいと思う2つの理由。「外国人が多くて申し訳ありません」事件について

f:id:taketakeoda:20161013150020j:plain

南海電鉄の40代の男性車掌が日本語で「本日は外国人のお客さまが多く乗車し、ご不便をお掛けしております」との車内アナウンスをしていたことが10日、同社への取材で分かった。車掌は「差別の意図はなかった」と釈明。同社は「客を区別するのは不適切」と車掌を口頭で注意した。

 同社によると車内アナウンスは10日午前11時半ごろ、難波発関西空港行き空港急行が天下茶屋を発車した直後の車内で流れた。

 車掌は同社の聞き取りに「日本人乗客の1人が車内で『外国人が多く邪魔だ』との内容を大声で言ったのを聞き、乗客間のトラブルを避けるため、所定の案内を放送した後、付け加えた」と話したという。

 関西空港駅到着後、乗客の日本人女性が駅員に「社内ルールに定められた放送なのか」と問い合わせて発覚した。同社は「日本人も外国人もお客さまであることには変わりない。再発防止を図りたい」としている。

「外国人多くご不便を」 南海電鉄40代車掌が不適切アナウンス…乗客クレーム発端 「差別の意図なかった」と釈明 - 産経WEST

外国人観光客は確かにマナーが悪い。

荷物を座席に置いたり、優先座席を占領したり、奥まで詰め入ってくれなくて入れないなんてこともよくあります。

かといって、誰もが違和感を感じるその指摘の仕方は正解だったのでしょうか?

この事件を受けて世間の意見はどうなんでしょう。

 

このニュースに対する賛否両論

今回のアナウンスをどう思うか、日本人、外国人に聞いてみた。日本人は「こっちはイライラしてる」(60代女性)、「いいんじゃない。感じ悪い人いっぱいいるから」(70代女性)と肯定派。「アナウンスじゃなくて、直接言えばいい」(54歳男性)、「差別だとわかる人だっている」(30代女性)という。

外国人は「国際都市なんだからそんなこと言うべきじゃない」(台湾、30代女性)、「気を付けているのに、2度と来たくない」(台湾、30歳女性)、「外国人もマナーを守るべきだよ」(香港、37歳男性)と話す。

南海電鉄の車内アナウンスが物議 街では賛否が半々という結果に - ライブドアニュース

日本人も外国人も賛否は半々。

マナーの悪さか、注意の方法か、悪いのはどっちと言われても結局はどっちもどっちなんですよね。

みんなもっといい方法があったはずだと考えると思いますが、そんな方法すぐには思いつきません。

ですが、この車掌の行動は正しかったと僕は思います。

 

車掌の行動は正しいと思う2つの理由

ここまでことが大きくなってしまった以上、この車掌を責める人の方が人数は多いと思いますが、僕はむしろこの人も偉いんじゃないかと思います。その理由は2つ。

 

1.マニュアルの見直しに貢献した

この車掌はマニュアルにない方法で対応したわけですから、こんな大事になるとはわからなかったまでも責任を取らさせられること覚悟でマニュアル外の発言をしたということです。

このことがきっかけで、マニュアルには隙があったということを世に知らしめたという成果を考えれば、正解だったのではないでしょうか。

 

2.ニュースを見た人のマナー意識が強くなった

外国人がこれを知れば「我々はマナーが悪いと思われてしまっている」と意識してくれますし、外国人のマナーという話題が世に広まったことで、日本人のマナー意識がより高くなったと思います。

 

あなたはどう対応しますか?

日本人相手にさえ直接他人に注意をすることが苦手なのが日本人ですよね。

ゴタゴタには巻き込まれたくないので、普通なら見てみぬふりか、後で他のところに苦情を伝えるか。

ですが、その場をなんとかおさめようとした車掌の「間違った」行為は大きな波紋を呼んでしまったことにより、間違いではなくなったんじゃないでしょうか。

なので僕は、多少のリスクと、その方法が正しいかどうかっていうのは別として、無視せずに対応していくことが正解なんだと思います。