たけろぐ

大学生ブロガー竹内の備忘録、雑記帳としてのブログ

アメリカの鉄道で出会ったウザ過ぎる乗客TOP10

f:id:taketakeoda:20161002035221j:plain

僕はアメリカでアムトラックという鉄道を利用し、一ヶ月間でアメリカを制覇する旅に出ていました。

アメリカの鉄道って目的地まで普通に2、3日かかったりするんで、他の乗客によって乗り心地の良さが変わってくるんですよ。

今回は僕に超不快感を与えてくれた乗客十人を紹介します。

 

10位 乗る前から降りたあとまでずっとイチャイチャしてるカップル

乗る前は列に並んでる時にめっちゃイチャイチャしてるんですよ。

乗ってからも席が隣同士に座ってイチャイチャしてるんです。

降りた後までずっとイチャイチャしてて、イチャイチャしてない時がないカップルが本当に鬱陶しかった。

 

9位 客席でスナック菓子食うやつ

昼間ならまだいいけど夜にも食うやつがいて寝つきが悪かったです。

アメリカにはこういう他の乗客のことを全く考えない奴が多いんですよ。

 

8位 世界仰天アンビリーバボーに出てくるレベルのデブ

アメリカには巨漢が多いんです。多すぎます。

隣の席に来ても困るし、廊下通ったら絶対に廊下側の席の人の肩を触っていくんですよ。

それにいびきもすごいんですよね。

頼むから痩せてくれ。

 

7位 寝言とトイレの回数が多い窓側の席の人

寝言うるさいし、やっと止まったと思ったらトイレ行くんですよ。

迷惑や!寝らせろ!

 

6位 トイレの鍵をぶち破ってくるおばちゃん

アムトラックのトイレって鍵が弱くて強めにガチャガチャしたら開くことがあるんですよ。

それで一回僕が大をしてる時におばちゃんがガチャガチャやってきて鍵をぶち開けて、僕が大してるとこ思いっきり見られたんですよ。

ガチャガチャしなくても開閉が書いてある小窓見たら入ってるかどうか分かるのに!

おばちゃんのガサツさにイラッとしました。

 

5位 走り回るちびっこと放し飼いにしている親

子供がうろうろうろうろ車内を走り回っててすごい鬱陶しかった。

落ち着きなさいって他の乗客も言いづらいし、親が言ってやらないとだめなのに何も言わず寝てるわけでもなくボーッとしてたんで、子供にも親にもイラッとしました。

 

4位 音楽をイヤホンもせずに聞くやつ

なんでこんなことができるのか全くわからない。

イヤホンから音が漏れてる人もいたりしてうるさかった。

 

3位 トイレ行くたびにトイレのにおいを連れて帰ってくるおじさん

なんかくさいわ〜って思ったら絶対そのおっさんが通った時。

しかもよく嗅いだらトイレのくっさい匂いを連れて帰ってきてるんですよ。

 

2位 いつも機嫌の悪い職員のおばちゃん

乗客ではないんですけどどうしてもウザかったので2位にランクイン。

よく学校の売店のおばちゃんとかって性格悪い人多いじゃないですか、アムトラックの職員のおばちゃんって全員それなんですよ。

だから車内販売とかそのおばちゃんから絶対買いたくなかったです。

 

1位 起きている間はずっと電話して寝る時はイビキのうるさい後ろの席のごっつい黒人

誰とそんなに電話してるんやってくらい、本当に一日中途切れることなく電話してるんですよ。

そして夜はさすがにうるさいってことで職員の方が止めに来てくれたんですけど、そっからはイビキが始まるんです。

本当にウザすぎて僕はこの日はラウンジで寝ました。

 

最後に 

いやー本当にウザかった!

このように日本ではなかなかないような風景にギョッとしましたが、今ではいい思い出となってます。

こういった事情もアメリカの一つの文化です。

アメリカに行く際はぜひアムトラックを使ってアメリカ人の車内マナーを体験してみてください。

そして、みなさんこういったウザい乗客にならないように気をつけましょう。