たけろぐ

大学生ブロガー竹内の備忘録、雑記帳としてのブログ

【ブロガー必見】ブログを一人で書いてはいけない5つの理由

f:id:taketakeoda:20160917095549j:plain

いいブログを書くために必要な要素っていろいろありますよね。

書く人の目的にもよりますが、僕はその要素の一つに他人の力を借りるってことがあると思うんです。

あなたにブログ仲間はいますか?他の人のブログを読んだり自分のブログと比べたりしてますか?

そうでないのならあなたは一人でブログを書いているということになります。

それは本当にもったいないことです!他の人のブログから学べることって実はたくさんあるんですよ!

このことをしっかり伝えるために、ブログは一人で書くべきではない理由を5つにまとめたのでブロガーの方にはぜひ読んでいただきたいです。

 

ブログを一人で書いてはいけない5つの理由

 

自分のブログの評価ができない

一人でブログを書いていては自分のブログの悪いところを気づけないし、他人に指摘してもらうこともできません。

なので、自分が正しいと思った方法でしか書けていないということに気づかないんですよね。

他人のブログを見て自分のブログとの書き方の違いを発見して、ああここに画像貼ると見やすくなるなとか、書きだしはこうした方がいいのかと勉強することも大切です。

 

独りよがりの記事になる

記事を書くときは引用以外は全て自分の意見ということになりますが、もし同じジャンルについて書かれた記事があれば自分の視点とは別の視点も知ることができますよね。

自分の意見を押し付けるような記事を書くにしたって、読む側に意見を伝えるには逆の立場にも立つことも必要です。

 

新しい知識が入ってこない

自分が書く記事は自分の趣味や考察の範囲のことだけでなので、普段から自分に興味のあることしか調べない人はそこだけに固執してしまいます。
全く違う知識を持った人のブログの場合では、普段そんな趣味の違う人の記事を検索して読むなんてことはまず無いでしょう。

ですが趣味の違うブログ仲間がいればその人が書く記事から思いもしないような新しい知識を得られるかもしれません。

 

ブログ仲間がいるとやる気が出る

一緒にブログをやる仲間がいればそれぞれがいい影響を受けて切磋琢磨できます。

というのも、最近僕のことをライバル視してくれているという記事を書いてくれた方がいまして。

ライバルなんて言われたら負けたくないですよね!

あいつはこんなに読者がついたのか、もう記事更新したのかと焦らされたりして書く意欲がつきます。

 

一人だと簡単にブログをやめられる

一人でブログを書く人はやめようと思えばすぐやめられます。

でも仲間がいればやめづらくなるのでブログを長く続けられるんです。

さらに、仲間に自分のブログの目標を宣言すれば、それを達成するために諦めず頑張れるようになれるのでよりやめられなくなりますよね。

 

最後に

僕はブログカレッジというブロガーのオンラインコミュニティに参加しています。そこでは人の記事を読む機会はいくらでもあるし、オフラインでも繋がりのあるブログ仲間もいます。

コミュニティのおかげで勉強になることはたくさんあるし、自分の励みにもなってます。

もし自分は一人で書いてるなって意識があるなら、いきなりコミュニティに入れとは言いませんが自分の守備範囲以外のジャンルのブログも読んでみてはいかがでしょう。

きっと自分のブログのためになると思います。

そして感想コメント残してみたり、いい記事をシェアすれば自分のブログを知ってもらうきっかけにもなりますし、ブログ仲間ができるかも。

視野を広げて、よりいい記事を書けるようにお互い頑張りましょう!