たけろぐ

まだまだタケノコな駆け出し大学生ブロガー竹内くんがどんどん挑戦してぐんぐん成長していくブログ

もう荷造りで悩まない!最低限の旅支度の仕方

f:id:taketakeoda:20160913120809j:image

こんにちは!

自転車で日本横断、ヒッチハイクで西日本制覇、アメリカ大陸を1周した旅ブロガーの竹内です。

今回は僕がこれら旅に挑む度に培ってきた知識のうち荷造りについて書いていきます。

旅に出る時のための荷造りに困っているそこのあなたでも、これだけおさえておけば失敗はありません!

 

生活で確実に必要な物

財布

ケータイと充電器

歯ブラシ歯磨き粉

メガネ(コンタクトの方は洗浄液とケース)

バック

海外旅行の場合はパスポート、保険証とそれらのコピー

野宿しそうなら野宿の準備

 

衣服とタオルは2日分でいい

パンツ、靴下、服、ズボンに関しては1個がメインでもう1個がサブというイメージで2個あれば十分です。

下着に関しても何日はいたって健康に害があるわけではないしすぐに乾くので2枚あれば十分なんです。

なのでバックの中に衣服は1セットあれば最低限オッケー。

そしてタオルも2枚あれば十分使いまわせます。

無理はしたくない、毎日ちゃんと着替えたいという方でも2日分にしておいて足りなくなったら旅先で買えばいいんです。

何日分も服を詰めると旅先で服を買えないので、旅先でも服を買っていいようにスペースを空けるのも2日分にする理由です。

 

財布の中身は2万円以内

僕は旅行では財布の中身は2万円で抑えるようにしています。

これは落としたりスられたりした時のため、そして無駄遣いを減らすためです。

それくらいあれば必要なものは買えるし、泊まるところに困ってもだいたいのホテルに泊まるのに十分な金額なのでクレジットカードがあっても無くてもこれくらいあれば大丈夫。

 

スマホの予備バッテリー

旅をスマホに頼るなら絶対持っておきましょう。

僕は地図もカメラも懐中電灯も全部スマホ任せなので4回フル充電できる予備バッテリーを持ってます。

充電器も忘れずに。

 

シャンプーも石鹸も必要ない

僕の旅ではわざわざシャンプーと石鹸を持って行きません。

日本の銭湯にはシャンプーも石鹸も置いてますし、海外のホテルやゲストハウスにだって備え付けてあります。

自分に合ったものが使いたいなら持っていけばいいと思いますが最低限の準備ならわざわざ買い揃える必要はないです。

 

海外旅行ならサブバック必須

日本国内であれば貴重品はポケットの中にでも入れておけばいいですが、海外旅行では貴重品の量が増えるのでサブバック必須です。

メインのバックとは別に貴重品を入れるバックがあればちょっとした動きがスムーズになりますしポケットに入れているよりも防犯になります。

リュックサック、ショルダーバッグ、ランナー用のバックなどいろいろあるので自分に合ったもので大丈夫です。

 

これで必要最低限!

もしまだバックがガバガバならぜひ入れて欲しいおすすめのアイテムがあるのでこちらも参考にしてみてください。

荷物は軽いに越したことはありません!

これでもう荷造りで悩まない!足りなくなったら旅先で買えばいいと思ってください。

では、楽しい旅になることを祈っています。