読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけろぐ

まだまだタケノコな駆け出し大学生ブロガー竹内くんがどんどん挑戦してぐんぐん成長していくブログ

いいイヤホンの選び方!意外と知らないイヤホンの常識

イヤホンの正しいつけ方

f:id:taketakeoda:20160909185002j:image

いいイヤホンの選び方の前に、あなたは普段イヤホンをどうやってつけてますか?

実はイヤホンには正しいつけ方というのがあります。

 f:id:taketakeoda:20160909144336j:image

このようにそのままつけるのは従来のインナーイヤー型イヤホンのつけ方ですが、カナル型イヤホンでは間違いです。

 f:id:taketakeoda:20160909144447j:image

最近では主流となった、耳に埋め込むタイプのカナル型イヤホンはこのように逆さにして耳にひっかけ、コードを背中にまわして調節を上まで引き上げます。

外の音が遮断され、音質も少しクリアになります。

それに、こうすればコードの擦れ音が軽減されるし、コードがひっかかって取れてしまうこともありません。

一時的に外したい時も首にかけておくことができます。

ただ正直言うと正しいつけ方なんてどうでもよくて聞きやすいかどうかくらいのものなので、自分にあった付け方としてどっちがいいのか、とりあえず試してみてください。

 

いいイヤホンの選び方

 f:id:taketakeoda:20160909185043j:image

何を基準に選べばいい?

まず知っておいてほしいのが高音質というものに数値による明確な基準があるわけではないということです。

あえて基準を出すとすれば周波数の違いですが、若干の周波数の広さを聞き分けられるような人なんていませんよね。

重低音の響きが好きな人、高い音もしっかり聞きたい人、当たり障りない、音源のままの音が聞きたい人、人によって音質の基準は様々なので自分の好きな音を表現してくれるイヤホンを選ぶべきです。なので、

他人のレビューや「プロ納得の重低音」なんて言葉に騙されて高いイヤホンを選ぶのは絶対もったいない!

その人と自分の耳が同じ形なわけではないし、音楽の趣味が同じかどうかもわからないわけですから。

では、なにを基準にするのかそれは

①付けた時の装着感

②自分で聞いてみた感じ

③機能性

④デザイン

①②は友達に貸してもらうか売り場で聞けるものを使ってみるしか方法はありませんが、③機能性であれば調べてみればわかるので選ぶ基準にしやすいです。

そしてデザインもイヤホン選びで大事な点ですよね。

ということで機能性を重視したおすすめイヤホンとデザイン重視、今話題のおしゃれすぎるイヤホンを紹介します。

 

機能性で選ぶおすすめイヤホン

1、リモコン・マイク付き

f:id:taketakeoda:20160909184115j:image

イヤホンについているリモコンで音量の調整も曲送りもできる優れもの。

さらにマイク付きならハンズフリーで電話ができます。

iPhone付属のイヤホンはこの機能がついてます。

 

2、ワイヤレス

f:id:taketakeoda:20160909184133j:image

Bluetooth通信を使うことでコードを接続しなくても音楽が聴けます。

コードが引っかかるようなこともないし、擦れ音もない。

スポーツの時に音楽聞く人にとってとても便利なイヤホン。

 

3、ノイズキャンセリング

f:id:taketakeoda:20160909184410j:image

周囲の騒音の周波数と逆位相の音を出して外の音を打ち消します。

うるさいところでもイヤホンの音だけを聞きたい人におすすめ。

ウォークマン付属のイヤホンはこれがついてます。

 

4、リケーブル

f:id:taketakeoda:20160909184412j:image

ケーブルが取り換えられるのでケーブルがいかれてもすぐ修理できます。

そのうえケーブルを取り換えて音質もデザインも好きに変えられるので自由度高いです。

 

おしゃれすぎるイヤホン

 f:id:taketakeoda:20160909182511j:image

これは今Instagramでおしゃれすぎると話題になっているSUDIO(スーディオ)のイヤホンです。

デザインだけでなく音にもこだわりが深いことで有名な今流行のイヤホン!

くわえて機能性もよく、ワイヤレス型もあります。

 f:id:taketakeoda:20160909182525j:image

色はピンクの他ホワイト、ブルー、ブラックもあります。

カップルでスーディオのイヤホンを使うっていうのもアリじゃないでしょうか。

もしイヤホンのプレゼントをするならスーディオで正解です!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます!

ぜびこれを参考にして、新しいイヤホンの目星をつけてみてください。

より一層音楽がすきになること間違いなし!