読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけろぐ

まだまだタケノコな駆け出し大学生ブロガー竹内くんがどんどん挑戦してぐんぐん成長していくブログ

ハーフマラソン初完走した時つかんだ人生のコツ

f:id:taketakeoda:20160817212802j:plain

僕がハーフマラソンに出た理由

僕の親戚に毎日フルマラソン(42.195km)を走る70代のパワフルおじいちゃんがいます。

その人に「ハーフマラソンが走れる体力と根性があればあとはどこまででも走れる」と言われました。

大学2年の5月、僕は自転車旅とヒッチハイク旅に出たあとだったので、物の力も借りず、自分の力だけでどこまででも行けるっていうその言葉にロマンを感じました。

それに、ヒッチハイクの次は何をするか考えていたところだったので、ハーフマラソン走れるくらいの体力をつけようとこの時決意しました。

その来月に皇居で初心者のハーフマラソン大会があるということもわかったので、それに出場することに。

ちなみに「チャレンジ皇居ラン」という、毎月開催されている大会になります。

ま、自転車旅終えた俺なら10キロくらいはよゆうだろ!と、思ってたんですが...

最初の記録、4キロ

まず練習場所に選んだのは井の頭公園の競技場、一周が400mのコースです。

こういう一周の目安ができるコースは練習する上で自分の走行距離が図りやすいのでおすすめですが、ここはちょっと一周が短かったですね。

全く練習もしてない状態で僕がどれくらい走れるのかを試してみたところ、

たった10週、つまり4キロしか走れませんでした!

日本横断した足でも、やっぱり自転車に頼ってたので走る体力にはなってませんでした。

意外とハーフマラソン、辛いな...

ま、しかたない!というわけで、4キロから練習開始です。

僕が選んだ練習方法

僕みたいに体力はないけど長い距離走る体力をつけたい人のための練習は何があるかなーと思って調べてみたところ、やっぱりまずは姿勢を正すことらしいです。

正しい走り方は、背筋を伸ばして胸を張って、あとは体が傾かないようにバランスよく走ることらしいです。

まあ、当然っちゃ当然ですよね。

で、僕がとった練習方法は2個あります。

LSDトレーニング

LSDとはロング スロー ディスタンスのことで、長距離をすごくゆっくり走る練習方法です。

僕はこれを最初は4キロ、次は5キロ、6キロとだんだん増やしながらやっていました。

これを続けていると「このペースだといくらでも走れそう」ってペースがわかってきました。

その最低ペースを毎回ちょっとずつあげながら走って、走れる距離とペースの底上げになりました。

インターバルトレーニング

全力でダッシュして、息が上がったらゆっくり走って息を整え、いけそうになったらまた全力ダッシュと、ダッシュの合間にインターバルを入れながらずっと走る練習方法です。

高負荷と低負荷を交互に繰り返すことで短時間に高い効果が得られるとのことだったので、LSDトレーニングをやるほどの時間がない日はこれをやっていました。

ハーフマラソン本番の事件

一ヶ月間頑張って、ついに大会の日が来てしまいました。

まだ20キロ走ったことのない状態でしたが、自信はありました。

しかし当日になって大事件が!

なんと朝寝坊してしまい、朝ごはんも食べられませんでした。

集合場所の近くのコンビニで食べようと思って駅までダッシュ!

桜田門駅のロッカーに荷物を置いて急いで集合場所の桜田門に向かうと、あと20分くらいは時間があるようだったので、コンビニを探しました。

ですが、皇居まわりってコンビニ全然ないです!

コンビニも建物の中にはあるけどさすがに総務省にランニングの格好で入るわけにはいかなかったので、朝ごはんを断念しました。

初の皇居ラン

そんなわけで超バッドコンディションで挑んだ初のハーフマラソンですが、いよいよスタートをきりました!

皇居に来るのも初めてだったので、皇居やいろんな建物、観光客やスーツの人たちを見ながら、ここが日本の中枢かーなんて思いながら走ってました。

なので1周目は割と楽に走れてましたが、2周目でペースダウン、いろんな人にどんどん抜かれていきます。

ちなみに「チャレンジ皇居ラン」では5キロ、10キロ、20キロ、30キロまで種目があり、それぞれに制限時間もあり、20キロの制限時間は15キロ目で2時間かかるとストップされます。

ビリでもせめて走り切りたかったので、自分のペースで、でも時間制限には間に合うように走りました。

ハーフマラソン完走!

頭痛いしお腹も痛いしフラフラでしたが初のハーフマラソン完走しました!

帰りも階段がまともに降りられないくらい足に力が入らない状態でした。

後日送られてきたハガキによると記録は2時間10分、19人中16位の成績でした。

ビリではないけどかなり下位ですね。

ハーフマラソン初完走してわかった人生のコツ

f:id:taketakeoda:20160817213548j:plain

とにかく諦めないことです。

自分の決めたことをやりきる。

練習でも本番でも、コンディション悪くても絶対に「もう無理」と思わないこと。

「人生はマラソンと同じ」とはよく言ったもので、この諦めない心はすべてのことに通じると思います。

当然のことのようで、難しいですよね。

絶対に諦めなければ、人間たいがいのことは叶うと思います。

逃げたら100%叶いません。

だから僕はいろんなことに次々挑戦して、どんどんクオリティの高い人間になりたいです。

次はどこかのフルマラソンに挑戦します!

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

体力に自信のない方も、ハーフマラソンに挑戦してみてください!

自分の体力にも自信がつくし、長距離を走ることは絶対にプラスになります。

走った距離は裏切りません!