たけろぐ

大学生ブロガー竹内の備忘録、雑記帳としてのブログ

なにもかも中途半端な僕が中途半端にはしたくないこと

f:id:taketakeoda:20160807210440j:plain

こんにちは、竹内です。

こんな顔してますけど、コンプレックスの塊なんです。

今回僕は自分のコンプレックスについて、記事を書こうと思います。

実は僕って本当に何もかも中途半端にしかこなせない人間なんです

学校の成績も平均点。

ギターを練習してもFのコードがひけなくて挫折。

大学受験は第二志望の大学に合格。

お笑いサークルを作っても半年たたずに解散。

趣味のランニングはハーフマラソンまでしか走れません。

小学校から今までずっと卓球を続けてきましたが、全中にもインターハイにも行けませんでした。

女の子と付き合っても全然続かない。

僕はものごとをやり通したことがありません。

やることなすことすべて中途半端なくせして性格はおおざっぱ

中途半端な僕ですが、性格は0か100という超おおざっぱな性格です。

やりたいことは一生懸命、やりたくないことは全然やる気が出ないです。

卓球でいえば、相手の戦い方が自分に合わない相手だととことん弱腰で対策をする気も起きません。

勉強も、得意な科目はそこそこで、ダメな科目はとことんダメ。

旅を数回していますが、準備不足で何回も後悔してます。

熱しやすくて冷めやすい

僕が中途半端なのもこの性格のせいなのかもしれません。

いろんなことに対して手を出してはすぐあきらめたり、飽きたりしてしまいます。

成功者って、ひとつのことをやりぬいたから成功しているんだと思うんですが、やり抜きたいと最初は思っていても続いていかないのが僕なんです。

自意識過剰

他人の評価を気にしていないようで、実は他人の顔色を気にして、気にしてないふりをして生きてます。

裏で自分の悪口言われてるんじゃないか、とか、仲間から実ははぶられているんじゃないか、とか、すっごい気にしてます。

この性格のせいで、今の飲食店のバイトが全然うまくいってません。

従業員の顔色、お客さんの顔色をうかがいつつ仕事をする飲食のバイトは、僕みたいな自意識過剰な人間にはむしろ向いていないのかもしれません。

自己中心的

自分が面白ければそれでいい。

それって実はダメなことなんじゃないか、と思いつつ、今もそう考えてしまう節があります。

空気が読めないってわけではないんですけど、かなり自分本位です。

やりたくない仕事は他人に押し付けてでも絶対やりません。

 

僕はこのとおりコンプレックスの塊です。

勉強もスポーツもセンスはないし努力もしない。

いまいちぱっとしない中途半端な僕ですが、やり抜きたいことがあります。

 

 

それは・・・

 

 

この性格を貫くこと

むしろ、これが僕の個性なんじゃないかと。

 

中途半端な性格も、僕がもし今後何かを成し遂げたとしても、そこで満足しないことでもっともっと高みを目指せますよね。

熱しやすくて冷めやすい性格も、いろんなことを体験していれば、それだけ濃い人生歩めるんじゃないでしょうか。

自己中で自意識過剰ですが、それでこそ、他人に頼らず生きていけるんじゃないかなーって思ってます。

 

なんの解決にもなってないようですが、これが、自分に自信を持って生きていたいと考えた竹内の末路です。つっても、まだ19年しか生きてないし。くよくよしたくないので。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

とりあえず今はブログを頑張って続けていきたいですが、やめたくなったらやめて、もっと大きなことをしてやろうと思います。

これが僕の個性なので。自分に正直に生きます。