読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たけろぐ

まだまだタケノコな駆け出し大学生ブロガー竹内くんがどんどん挑戦してぐんぐん成長していくブログ

ド素人でも卓球経験者に泡を吹かす方法!卓球の5つの裏技

f:id:taketakeoda:20160806225625j:plain

僕は小、中、高、大学生の今まで卓球を続けてきました。

そんな僕が卓球未経験者でも経験者や卓球部員たちに必ず泡をふかせる方法を紹介します。

勝つ方法ともなれば練習が必要になってくるので、ここではあくまで相手にダメージを与える方法です。

まずは敵の実力を知りましょう!

卓球経験者が未経験者と違う点とは

・どのくらいの力でどのくらい飛ぶのか判別する精度が高い

・球の回転が見えるので、回転がかかった球でもちゃんと返球できる

・自分から回転をかけられる

・とにかくサーブの回転量が多い

パッと見どうしようもなさそうですが、大丈夫です。

僕の言うとおりにすれば勝てないまでも、いつもより多く点が取れたり、泡を吹かすことは絶対にできます。

1、バカでかいサイズのラケットを作る

実は卓球のラケットのサイズに規定はないので、いくらでも大きいサイズのラケットを作って的を大きくできます。

2、”ツブダカラバー”を使う

粒高(ツブダカ)ラバーとはこのように表面に長い突起のあるラバーのことをいいます。

これを使うと、この突起が倒れることで、相手の打った球の回転とは逆回転に返球できます。

具体的に言えば、前進する球は上回転がかかっているのでそのままラケットを当てただけで上回転で返球されますが、これを粒高ラバーで返球すると下回転の球になって相手の手元に返ります。

卓球に慣れてきた、程度のプレイヤーにとってこの違いはかなり苦しいのでおすすめです。

一番現実的な正攻法です。

3、”グルー”を使ってラバーを貼る

グルーとは、ラバーの接着剤のことで、これを使ってラバーを貼ることで球速が上がる魔法の接着剤です。

いつもとは違う弾み方をするうえ、見た目の打ち方より速い球に翻弄されるはず。

初級程度の相手にはこれで結構な点が取れるはず。

ただ、今ではグルーの使用は禁止されています。

4、ラバー表面にサラダ油を塗る

サラダ油を表面に塗ることで球速があがります。

グルーと同じような効果を得ることができるわけですが、他にも利点があります。

相手が練習して身につけた感覚も、これを使って長く打っていればとりはらえるし、サラダ油が相手のラバーを汚すのでなおもダメージを与えられるでしょう。

当然、グルーと同じく禁止事項です。

5、ラケットの確認をして文句を言いまくる

卓球の試合をするとき、ラケットを交換して互いのラケットについて違反がないか確認します。 

アマの試合ではほとんど黙認されますが、ラバーが少しでも欠けていたりめくれていたりすると試合では使えません。

相手がラケットをひとつしかもっていなかった場合はこれで不戦勝が狙えます。

 

何があっても僕は責任を負いませんが、どうしても勝ちたい相手がいるなら恥を捨てるのも必要なことかもしれません。

以上、卓球の裏技5つでした。