たけろぐ

大学生ブロガー竹内の備忘録、雑記帳としてのブログ

お笑いサークルをたった二か月で廃部にした僕が教える 間違ったサークルの作り方4つ

大学一年、冬。

総合大学であればいろんな名前のサークルがありますが、

こういうサークルがあればいいのにな、って感じる大学生もいるはずです。

 

僕も大学にお笑いのサークルがなかったので、自分の理想のお笑い集団を作り上げたいと意気込んで作りました。

僕はお笑いサークル設立を大学に申請、承認され、農工大学初の公認お笑いサークルを作りましたが、全くうまくいかずたった二か月で廃部することにしました

 

最初寄せ集めで集まった部員は六人。

しかし、お笑いを真剣にやってくれる人間はいませんでした。

それでもきっとだれか反応してくれるだろうと、待っていましたが全く来ず。

新歓で恥かきそうだったのでその前に廃部にしました。

大失敗です。

でも、僕のこの失敗談が誰かの成功につながるはず!

 

そもそもサークルとは?

f:id:taketakeoda:20160801015041j:plain

同じ趣味を持った人たちの集まり。

部活と比べて楽で、友達作りや出会い目的が大半。

大学公認のサークル、大学非公認のサークルがある

大学非公認のサークルは、各大学に所属しないサークルのこと。

公認であれば大学の予算からお金がいただけたり、大学内の施設が使わせてもらえるようになったり、部室がもらえたり、文化祭に出られたりしますが、公認になるまでがめんどくさい。

大学によって違いはあると思いますが、僕の場合は顧問をたてたり、サークル代表者の会議で2/3の承認が必要だったりしました。

公認されてからも会議に出たりしなきゃなのでめんどくさいです。

インカレサークルとは

Intercollegiate(大学間の)の略がよく聞くインカレサークルです。

他大学の生徒とも絡めるのでいろんな友達ができる利点があります。

ただ、スケジュールとか集合場所とか、運営する側は連絡網とかもかなり大変でしょうね。

 

さて、ここから僕の反省点を参考に、間違ったサークルの作り方です

 

1、いきなり大学公認のサークルにする

大学に公認され、サークル団に加盟することを「サークルを作る」こととはいいません。

あくまで同じ趣味の人たちがあつまっていて、その場をもっと楽しめるものにすることがサークル作りです。

まだうまくいってもないのにいきなり大学公認のサークルにしようとするのはだめです。

公認になるならある程度まとまってきてからでないとただ作業のめんどうなサークルになってしまいます。

そんなの全然楽しくないです。

公認されるまで、そしてしたあとも、いろんな書類書かされたりしてすごいめんどうでした。

ただ全然形になってなくても公認はされてしまうので、公認をうけるハードルは低いです。

サークルを大学公認にするにはうまくいってから!

2、人は多いが、あまりやる気ない人の寄せ集め

会社は社員が一人でも会社だったりしますが、サークルは一人ではサークルとは呼びません。

だからといって寄せ集めでも運営ができません。

やる気ある人、そしてあきらめずに付き合ってくれる、そういう人が一人でもいいのでパートナーは絶対必要です。

僕の時、そういう子が一人いましたが途中で「俺やっぱり・・・」って言いだされちゃいました。

やる気ある子を集めよう

3、新歓で人が集まるだろうと期待をしない

今は人が全然いないけど、新勧で頑張ったら新入生いっぱい入るだろうなんて、そんな期待は絶対しないでください。

新入生はBBQとかエサで釣る

もしくは、サークルのイケイケ感で釣る

でもこれってやっぱりもともとある程度人数がそろってないとうまくいかないんですよね。

それに対し、新入生たちがサークルを決める新歓時期以外に勧誘活動をしても、みんなどこかのサークルにすでに入ってしまってたり、サークルなんていまさらもういいやって子だったりが大半なので期待できません。

新歓までにサークルが軌道に乗る算段をしっかりたてよう

4、大学の校風と違う

農工大学の場合ですが、農業系、工業系のサークルが多い大学で、芸能系のサークルもあったはあったんですが、お笑いは大学の校風とはマッチしていなかったかも・・・

沖縄の大学にスキーサークルを開くようなものだと思ってもらえればわかりやすいかと

その大学で人を集めたいなら、校風にあったものが集まりやすい

 

まとめ

サークルを大学公認にするにはうまくいってから!

やる気ある子を集めよう

新歓までにサークルが軌道に乗る算段をしっかりたてよう

その大学で人を集めたいなら、校風にあったものが集まりやすい

 

以上、間違ったサークルの作り方でした

 

たぶん、サークルの出だしって、よく同じ趣味で集まるメンツがあって、誰かが「サークル作ろっか」って言いだして始まるんでしょう。

そうじゃなくても作りたいサークルがあるなら、まず同じ考えを持つパートナーを作るところから始めましょう。